和楽器の音色<アクティブライフ中町倶楽部>

大正琴の演奏会がありました。
c0107602_9215229.jpg

琴城流の鈴木琴修華先生とお弟子さんにお越しいただき、
心に響くような素晴らしい演奏を聴かせていただきました。




〜大正琴について〜

大正琴はまさにその名の通り、大正時代のはじめに考案された楽器です。
最近は「癒し」の音を奏でる楽器としてテレビ番組でも取り上げられ、
注目を浴びています。

演奏方法は、左手で音階ボタンを押し、右手でピックを使って4本の弦を同時に弾きます。
指先を使うことで、脳が刺激され高齢者の老化防止にも役立つとのこと。
その演奏方法と音色はマンドリンに似ているそうです。

また数字で譜面が書かれていてわかりやすく、
老若を問わず演奏が楽しめます。
ご興味のある方は、ぜひ弾いてみられてはいかがでしょう。

デイのご利用者は、大正時代に生まれ育った方も多く
その音色を聴きながら時代を懐かしんでおられました。


*今後月に1回、中町倶楽部にて演奏していただけることになりました!


【参考HP】
『琴城流大正琴振興会』

http://www.suzuki-music.co.jp/action/taisyo_harp.htm
by activelife-blog | 2007-02-01 16:30 | アクティブライフ中町倶楽部
<< 田村正樹氏 絵画展<アクティブ... 田村正樹氏絵画展<アクティブラ... >>