日本の抒情歌コンサート<アクティブライフ箕面/介護付有料老人ホーム>

「抒情歌コンサート」が開かれました。
ラウンジでミニコンサートの予定が、35名の方にお集まりいただいた為
急遽アクティブホールにて行うこととなりました。
c0107602_9153330.jpg

歌は

♪荒城の月
♪月の砂漠
♪椰子の実

など、お馴染みの歌で始まりました。

c0107602_916414.jpg男性のバリトンは力強く、ひとつひとつの歌の情景を感じさせました。
奥様はピアノ伴奏を担当。普段はピアノ教室や歌の教室もなさっているそうです。
時間のある時はこのように夫婦デュオとして各施設をボランティアで廻られているとのこと。

45分間のコンサートの中で歌の内容も説明してくださり、
ご入居者は懐かしい歌に口ずさんで楽しまれていらっしゃいました。
良い歌はいつでも心を和ませる力があるようですね。


辞書で「抒情」の意味を紐解いてみると、「感情を述べ表すこと」とあります。

歌詞に込められた作者の素直な感情表現に郷愁や哀感など共感するところもあって、
長年皆さんに親しまれ、歌い継がれて来たのでしょう。

アクティブライフ箕面もご入居者の情景の一部となり、
いつまでも親しまれるホームでありたいと願います。
by activelife-blog | 2007-07-28 17:14 | アクティブライフ箕面
<< カフェでまったり。<アクティブ... さくらユニットの昼食会<アクテ... >>