小さな人工衛星を打ち上げる夢を追って<アクティブライフ箕面>

東京大学航空宇宙工学専攻 教授 中須賀真一氏による講演会が
アクティブライフ箕面にて行われました。
c0107602_17543434.jpg

ジュース缶サイズで低コストの人工衛星を製作し、
ロケットに積んで打ち上げるプロジェクトに情熱を傾けている
中須賀教授と学生のドキュメントを、テレビでご覧になった方も
いらっしゃるかもしれません。

講演内容を抜粋してご紹介します。



地球の周りを回る人工衛星には、目的別に様々な種類がありますが、
重さがおよそ4トン位あったり、コストも数百億円かかったり、
開発製造年数が4年〜7年もかかります。
また携わる人員も100人規模と、大がかりになったわりに
たった一度しかない発射に失敗して全てを失ってしまうことがあります。

世界中でも人工衛星の小型化が始まっており、日本も研究開発が行われています。

大学間でも「CanSatプロジェクト」という名で小型人工衛星の設計、製造、
運用までを行い、発射実験などを共同参加で行っています。
海外でロケットを作っているアマチュアサークルに協力してもらい、
固体燃料費300ドル(およそ3万円強)を支払うだけで、打ち上げてもらえます。
(H2Aロケットは1回の発射で110億円かかるそうです!)
c0107602_17554791.jpg

上記画像はアメリカでの実験の模様です。


そのような中、東京大学航空宇宙工学専攻の中須賀研究室では
超小型の人工衛星「Cube Sat」を開発しました。

大きさは10cm角の四角い箱。重さは1Kgでアルミニウムで出来ています。
宇宙での真空、放射線、熱温度差や振動などに耐えられ
飛行機で海外に運ぶ際は、手荷物として機内に持ち込むこともできます。

これまでの実験の集大成である小型人工衛星CubeSat  XI-IV(サイファイブ)を
上空に打ち上げるため、学生2人をロシアへ派遣しました。
c0107602_17562351.jpg

寝台列車の長旅でしたが、寝台に寝ていたのは人工衛星で、
学生さんたちは、床で寝ていたそうです。
(いかに大切にしているかわかりますね)

ビデオカメラがなかったため、
インターネットのチャットで発射の様子を打ち込んでもらったそうですが
あまりにも早い出来事のため送られてきた言葉は


「みえた」


「火ふいた」


「きえた」


だけだったそうです。(´∀`*)

発射後の研究室の様子もビデオで紹介していただきましたが、
精魂こめて、生活の全てを注ぎ込んで作られた人工衛星が
無事に地球の周回軌道に載ったという信号を聞いた瞬間、
学生の皆さんが感極まって泣いておられるのを観て、こちらも感動しました。
c0107602_1757195.jpg


c0107602_17572581.jpg中須賀研究室ではCubeSat XI-IVから送られてくる美しい地球の画像を携帯電話やパソコンに配信するサービスを行っています。
携帯の待ち受け画面に使用されている方も多いとお話されていました。皆さまもいかがでしょうか。
さいめーる」紹介サイトへ

他にも様々なプロジェクトについて説明していただきました。
c0107602_17581779.jpg

「失敗が大事」と中須賀先生。
「何故失敗したかを追求することで、後の成功を生むのです」という言葉が印象的でした。

ご入居者、ご来館者合わせて40名の方にお集まりいただきました。
宇宙工学ということで男性の方も多く、熱心に耳を傾け、質問もされておられました。
c0107602_1759244.jpg
夏休み中でもあり、親子で来館されたご家族もおられました。
子供達は先生に質問したり、CanSatを触って記念撮影をしていました。
c0107602_17593167.jpg
講演後もお話を聞きに中須賀先生の周りに集まっておられました。

写真は初期モデルとなったCanSat(「なっちゃん」缶)と、
太陽電池を搭載した本格的なCan Sat #001。
c0107602_180234.jpg
「なっちゃん」の呑気そうな顔が上空を飛ぶ様…想像すると面白いですね。
(ちなみにこの2機は宇宙までは行ってません)
c0107602_1803258.jpg
この「なっちゃん」缶、腕はメジャーで出来ていて、底にはカメラを搭載してます。

9月13日には、人工衛星「かぐや」が打ち上げられる予定だそうです。
日本初の月を周回する人工衛星ということで、
テレビや新聞を賑わせることになるでしょう。
いまから楽しみですね。^ω^


************************************************************************
中須賀研究室ホームページ
東京大学航空宇宙工学専攻ホームページ
by activelife-blog | 2007-08-25 16:52 | アクティブライフ箕面
<< 夏祭りのお知らせ<アクティブラ... 講演会「小さな人工衛星を打ち上... >>